編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

賃貸不動産株を中心に見直し機運

ZDNet Japan Staff

2014-11-06 10:47

 11月5日の日経平均は、74円上昇して1万6937円となった。目先は、日経平均1万6500~1万7000円の値固めという見方を継続する。

 今日は、次の上昇局面に備えて投資する参考銘柄、得に、保有する不動産に含み益が存在し、買収価値から見て割安な銘柄について、楽天証券経済研究所のチーフ・ストラテジスト、窪田真之氏の分析を紹介する。

2013年3月に金融緩和期待で急騰して以降、材料出尽くしで調整中の含み資産株

 日本には保有する賃貸不動産に大きな含み益がある企業が多数ある。賃貸不動産の含み益の7割を自己資本に加えて計算した実質PBRが低い12社は、以下の通り。

実質PBRが低い12社


(注:各社有価証券報告書より、楽天証券経済研究所が作成、連結PBR・PERは11月5日時点)

含み資産株は、2013年3月に急騰して以来、調整中

<三井倉庫HLDGの株価推移:2013年1月~2014年11月5日>


 賃貸不動産に大きな含み益があって、株価が買収価値から割安な銘柄は、

  1. 2013年1~3月に日銀の金融緩和期待から、大きく上昇した
  2. ところが、実際に「異次元金融緩和」が実施された2013年4月以降は、材料出尽くしで売られていた
  3. 10月31日に日銀がサプライズ(驚き)となる追加金融緩和を発表してから、再び、上昇機運にある

 このような割安な含み資産株について、見直し機運が出てきていると考えられる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]