編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト、「Azure SQL Database」の新バージョンに向けたプレビューを準備中

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-06 12:42

 Microsoftは同社のDBaaS(DataBase-as-a-Service)である「Azure SQL Database」の新バージョンに向けたプレビューを2014年中に公開すべく、準備中であるという。


 米国時間11月5日に開催されたMicrosoftの「PASS(Professional Association for SQL Server)Summit」で同社の関係者が発表したところによると、この新バージョンには、データベースアプリのクラウドへの拡張や移行を容易にするための「SQL Server」機能が新たに搭載されるという。

 5日の発表について述べた同社のブログ投稿によると、Azure SQLの新しいリリースでは、オンラインでのインデックス操作やパラレルクエリによる大規模データベースのサポート、共通言語ランタイム(CLR)やXMLインデックスによるTransact-SQL(T-SQL)サポートの向上、拡張イベントによる監視やトラブルシューティングなども追加されるという。

 同投稿には「このプレビューでは、インメモリ型の列ストアを可能にすることで、データマートのパフォーマンスを大きく引き上げ、クラウドにインメモリ技術をもたらすというわれわれの継続的な取り組みの歩を進めることになる。われわれはこういった新しいプレビュー機能を、2014年4月に導入したサービス層の一部として提供する。これにより99.99%の可用性と、より規模の大きなデータベース、リストアおよびジオレプリケーション機能、予測可能なパフォーマンスをもたらす」と記されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]