編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Docker、ヴイエムウェアの元開発担当VPを採用

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-07 12:21

 分散アプリケーション向けのオープンソースプラットフォームを提供し、VMwareのライバルと目されるDockerが、開発のトップにVMware出身のMarianna Tessel氏を採用した。

 Tessel氏はVMwareで開発担当バイスプレジデントを務めていた。Dockerでは開発担当シニアバイスプレジデントとなる。


Marianna Tessel氏

 Dockerの最高経営責任者(CEO)Ben Golub氏は声明で、Tessel氏の「この分野に関する知見と、拡大する開発チームでの経験」が、企業向けの取り組みを強化するのに役立つと述べている。

 Dockerは、コードの変更を素早く展開できる、コンテナ型のアプローチをとっている。Baidu、Groupon、Spotifyが顧客となっており、MicrosoftとGoogleもDockerの導入を始めている。

 Tessel氏はOpenStackとの連携など、VMwareのさまざまな提携で功績がある。同氏はDockerで、Google、Amazon、IBM、Microsoft、Red Hatなどを含むDockerコミュニティーを支援する。

 同氏はVMwareに入社する前、Ariba(現在はSAPの一部)で開発を担当していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]