編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Amazon WorkSpaces」がアップデート--「Office 2013」の利用が可能に

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-10 12:32

 「Amazon Web Services」(AWS)が2013年秋に発表した仮想デスクトップコンピューティング環境「Amazon WorkSpaces」がアップデートされた。このアップデートでは新たなバンドルが導入されるとともに、「Microsoft Office Professional 2013」の利用も可能になった。

 新たに導入されたのは「Value」バンドルだ。同社によると、このバンドルはブラウザやいくつかの生産性スイートを利用するユーザー向けのものだという。これには1個の仮想CPU(vCPU)と、2Gバイトのメモリ、10Gバイトのユーザーストレージが含まれており、コストはユーザー1人あたり月25ドルとなっている。

 またValueバンドルの「Plus」版として毎月40ドルを支払えば、「Microsoft Office Professional 2010」と同様に、Microsoft Office Professional 2013を選択できるようになっている。

 さらに「Standard」バンドルがアップグレードされ、利用できるハードウェアリソースが増えた。同社によるとこのアップデートは、同バンドルを利用している既存のWorkSpacesユーザーに対して自動的に適用され、追加料金はかからないという。アップデートが実際に適用されるのは、各AWS地域に割り当てられた保守期間中となる予定であり、2014年末までに完了するはずだ。なお、StandardバンドルのPlus版でもValueバンドルと同様のOfficeオプションが提供される。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]