編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

プラットフォームに中立な新生マイクロソフト--それでも「Windows」を選ぶべき理由は? - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-11-18 06:00

 Windowsに関して、状況はMicrosoftにとって不利に働いている。同社は、さまざまな種類のWindows製品を1つにまとめようという努力を続けており、それに向けていくつか重要な措置を講じている。「Windows 10」のテクニカルプレビュー版は公開されているが、コンシューマープレビュー版や、スマートフォンや小型タブレット向けWindows 10のプレビュービルドは、2015年初めまで予定されていない。Windows 10では、進化している共通コア「OneCore」や、PC、タブレット、スマートフォンに対応する共通の「Windows Store」、さらにより一般的なユーザーインターフェースや開発者向けスタックを1つにまとめる予定だ。

 2015年の早い段階にはこうした新しいプレビュービルドが公開され、その後、Windows 10の新機能を生かすように考えられた新しいデバイスが提供もしくは発表される見込みだが、その時まで、WindowsとWindows Phoneのユーザーは二級市民のような気持ちのまま取り残される。情報筋によれば、2014年中に新しいWindows搭載スマートフォンのフラッグシップモデルが登場することはないという。新しいOfficeビルドがリリースされて、使えるようになることもない。次のタッチファーストのOfficeのリリースは、Windows 10がリリースされるまでは予定されていないからだ。Windows 10のリリースは現在のところ、2015年夏頃の予定だ。

 2015年上旬は実際にはそれほど遠い未来ではないが、待つのは最も辛いことだ。長年のWindowsユーザーとして言わせてもらうと、支配的なモバイルプラットフォームだからという理由で、必ずしも自分が知識も経験もないプラットフォームに乗り換えるという可能性は、好ましくないものだ。しかし、2015年前半にWindows 10もしくはWindows 10搭載のスマートフォンが登場しなかったら、その可能性は現実的なものになるかもしれない。

 現在のところ、Microsoftは依然として生産性とプラットフォームの両方を手がける企業だ。今後、iOSやAndroidだけでなく、WindowsとWindows Phoneも「プラットフォーム」に含まれるのかどうかは、今後数カ月の展開に大きく左右されるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]