編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

FreeBSDの最新版「FreeBSD 10.1-RELEASE」が公開

ZDNet Japan Staff

2014-11-17 10:09

 The FreeBSD Release Engineering Teamが米国時間11月14日、「FreeBSD 10.1-RELEASE」のリリースを発表した。10.0-RELEASEの安定性を強化しつつ、新機能も加わっている。

 FreeBSDはBSDから派生したUNIX系のOSで、サーバ、デスクトップ、組み込みプラットフォームで利用されている。高度なネットワーク機能とストレージ機能を持ち、セキュリティも特徴とする。

 最新のFreeBSD 10.1-RELEASEでは、新しいコンソールドライバのvt(4)、ファイルシステムオートマウント機能autofs(5)が加わった。仮想マシンモニタbhyve(4)では、FreeBSD/i386ゲストのサポートが加わり、zfs(8)ファイルシステムからの起動もサポートする。

 amd64アーキテクチャではUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)の初期サポートを実現した。IPv4とIPv6スタックでは、UDP-Liteプロトコル(RFC 3828)を新たにサポートする。

 このほか、OpenSSH、OpenPAM、OpenSSL、Senmail、パッケージ管理のpkg(8)などがバージョンアップデートしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]