AWS re:Invent

AWSが変質を迫る「エンタープライズIT」 - (page 2)

怒賀新也 (編集部)

2014-11-18 07:30

データベースへの意気込み

 AWSは今回、その基幹系データベースとして、新サービス「Amazon Aurora」の投入を発表した。初日の基調講演で最初に発表した新サービスだ。

AWSのシニアバイスプレジデントのAndy Jassy氏
AWSのシニアバイスプレジデントのAndy Jassy氏

 初日の基調講演を務めたAWSのシニアバイスプレジデントのAndy Jassy氏は「MySQLやPostgreSQLなどのオープンソースベースのリレーショナルデータベースで、Oracleをはじめとした商用DBと同じパフォーマンスを実現するのが難しかった」と指摘した。そこが1つの壁になっていたことは事実だ。

 MySQL 5.6と互換性を持ち、パフォーマンスはMySQLの5倍、コストは商用データベースの10分の1、稼働率は99.99%以上と可用性や堅牢性を高めた。玉川氏は「製品としての狙いは、ミッションクリティカルなエンタープライズ分野での利用」と明言している。

 Jassy氏は従来型のデータベースを、コストが高く、ベンダーロックインを促し、プロプラエタリであると表現。現状はAmazon Relational Database Serviceで、Oracle Database、SQL ServerがAWS上で稼働するようにしている。だが、そうではなく、大手ITベンダーが企業の屋台骨を握っているデータベース分野に、「数年かけて開発した」というAuroraを満を持して乗り込む考えを明確に示した。

 Auroraの実際の性能は今後見えてくる。現段階で言えることは、企業の宝であるデータベース分野にAWSが本気で参入することは、競合他社にとっては脅威になるという点だ。AWS周りでビジネスを展開するパートナー企業にとっては、新たな機会が広がるとも言える。

AWSが存在する世界の中で、あなたはリレーショナルデータベースをどのようにデザインし直すのかと問いかけた
AWSが存在する世界の中で、あなたはリレーショナルデータベースをどのようにデザインし直すのかと問いかけた

 ただ、イベント全体を見渡した時に、エンタープライズ分野での導入を前提とすると、まだテクノロジに焦点が寄り過ぎている印象はあった。

 現InforのCEOで、米Oracleの元プレジデント兼理事会役員を務めていたCharles Phillips氏は、今後のERPの方向性として「SaaS型ERPを業種特化型で」と表現した。製造業、小売り、電力など業種や業務への理解が企業のIT構築に不可欠という見方だ。

 ビジネス革新のためのITというニュアンスが強くなればなるほど、関係者は経営層に近い人になっていく。その意味では、技術的な革新と同時に、より業種、業務的な視点が今後のAWSには求められてくるかもしれない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]