編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

AWS連携のシステム構築、運用サービス開始--NSSOL

NO BUDGET

2014-11-21 08:24

 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は11月19日、顧客がシステムに最適なインフラ環境を選択できるよう、自社で提供しているクラウドコンピューティングによるITインフラサービス「absonne」を含めた複数のクラウド環境を連携させたサービスを拡張していくと発表した。

 その一環として、Amazon Web Services(AWS)を利用したシステム構築、運用サービスを同日より提供する。同サービスにより、運用まで含めてAWSとabsonneをワンストップで提供し、互いの特徴を生かすことで多様化する情報システムの効率を高め、企業の成長スピードに合わせたITインフラを提案するとしている。

 NSSOLでは、厳格なシステム要件や既存システムとの連携が必要なことから、オンプレミスで運用してきた基幹システムのためのクラウドインフラとして「absonne Enterprise Cloud Service」を提供している。今回のサービスでは、オンプレミスと変わらない柔軟性や他ユーザーの影響を受けない占有性を提供することで、ユーザー企業は資産を持つことなく、IT部門は煩雑な保守作業から開放されるという利点がある。

 一方、AWSはセルフサービスで利用できる標準性の高いクラウドサービスとして、アジリティやスケーラビリティを持ち、新しいサービスを即座に開始することが可能という。NSSOLの顧客でも、システムによってabsonneとAWSを使い分ける事例が出てきており、この2サービスを連携させ運用と管理を一括提供することにより、顧客に最適なITインフラを提供する。

 NSSOLでは今後、これまでシステムインテグレーターとして蓄積した大規模システムの構築、運用ノウハウを生かし、顧客に最適なインフラと運用管理を一括で提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]