編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

増え続ける企業のオープンソース採用--その現状とメリットは

Alan Ho (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-11-26 06:30

 業務にかかるIT支出を削減しつつ、同時にセキュリティの水準とソフトウェアの可能性を高めることが大半の企業の最優先項目になっているのは、当然のことだ。

 オープンな開発プロセスを用いるオープンソースソフトウェアが世界中で急増しているのは、従来型のソフトウェアに勝る利点があるからだ。オープンソースソリューションは、さまざまな企業のニーズに合うように変更を加えたり適応させたりすることが可能だ。そうしたことは、プロプライエタリソフトウェアではできない場合が多い。

 この記事では、企業におけるオープンソースの増加と、オープンソースのメリットについて考察する。

企業で増えるオープンソース採用

 企業はオープンソースの領域に次第に移行しつつある。Black Duck Softwareが実施し、2014年4月に発表した「Future of Open Source」(オープンソースの未来)という調査では、回答企業の50%超がオープンソースソフトウェアに貢献しており、業務でそれを使用していることが分かった。

 この調査では、オープンソースの採用決定の10件に8件が品質に基づいて行われていること、また技術的な機能が依然として最も重要な検討事項の1つとなっていることが分かった。

 Black Duckのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のLou Shipley氏は「オープンソースは、その品質とセキュリティを証明しており、大衆化と普及の段階に到達している」と述べている。

 「重要なのは、競争的優位を獲得し、優れた人材を引きつけ、プロジェクトの方向性に影響を与えるという事業運営上の課題に関与し、対処することだ」(Shipley氏)


企業にとっての重要なメリット

 企業で新しいテクノロジを採用する場合には、コスト、選択の自由、そして使いやすさが重要な検討事項となることが多い。オープンソーステクノロジは、継続的に開発することができ、企業の変化し続けるニーズに常に対応することが可能だ。

 Rent the Runwayというスタートアップ企業の最高技術責任者(CTO)のCamille Fournier氏は、Linux.comに対して、社内でのソフトウェア開発がオープンソースによってどのように改善したかについて説明している。

 「オープンソースという手法では、それをうまく適用すれば、自分のプロセスを文書化して、明確な形にせざるを得なくなり、これが非常に良い結果をもたらす可能性がある」(Fournier氏

 動画配信企業のNetflixや、Facebookサムスンといった、世界中の他の企業もオープンソースに移行しつつあるのは、これが理由だ。企業にとってのメリットを考えれば、オープンソースの可能性を否定することはできない。例えば、企業のネットワークへの侵入といった、セキュリティ上の脅威は、これまでよりも悪意があり、柔軟性の高いものになりつつあり、セキュリティソリューションには、機密性の高いシステムや情報を保護する能力が必要だ。

 オープンソースのセキュリティは常に、専門のチームによって改良され、適合されており、問題が発生した後からではなく、事前に対応することが多い。AcquiaのCTOのDries Buytaert氏は、「オープンソースは勢いを増し続けている。それは現在、大半の企業が直面している、ビッグデータやクラウドアプリケーションからデジタルエクスペリエンスまで、複雑なテクノロジ面の課題の解決に役立っている」と述べている。

 企業は、このようなオープンソースの利点や、テクノロジを使って業務を改善できることを検討する必要がある。これらは、強力なメリットであり、企業は今後、そうしたことを絶えず念頭に置くようになるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]