編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

WindowsからLinux/Dockerを直接管理できるコマンドラインインターフェース発表

CNET Japan Staff

2014-11-20 10:40

 MicrosoftのAzureチームは米国時間11月18日、「Docker」との連携を一歩進め、Linuxホスト上のDockerコンテナを「Windows」マシンから直接管理できるようにしたと発表した。

 これにより、Linuxホストで動くDockerクライアントにWindowsマシンから直接アクセスして管理できるようになる。これまでLinuxベースのクライアントコマンドラインインターフェース(CLI)を利用してDockerコンテナ実装を管理したり、boot2dockerを利用してWindowsクライアントマシンで仮想化された実装環境を設定できたが、Windows CLIを利用してWindowsクライアントからDockerホストを直接設定、管理できる。

 MicrosoftとDockerとの関係は2014年6月にさかのぼる。当時MicrosoftはLinux仮想マシン上でDockerコンテナのサポートを追加し、Azureクラウド内でDocker化されたLinuxアプリケーションを利用できるようにした。その後10月15日、Dockerコンテナを開発するDockerとの提携を発表し、次期「Windows Server」で直接Dockerをサポートすることを発表した。この提携の下でDocker Engine for Windows Serverの開発、AzureでのDocker Open Orchestration APIのサポート、Azure GalleryおよびPortalでのDocker Hubイメージを統合するなどの計画も明らかにしていた。10月の提携発表以来、Azure上のLinux仮想マシンでのDockerホストの設定を可能にするPortalでのAzure拡張のサポートなどの機能を加えたとしている。

 Microsoftはまた、Docker HubでASP.NET向けDockerイメージを公開したことも発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]