編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドコモ、国外のLTEローミングでルーティングやトラフィック処理を一元管理

NO BUDGET

2014-11-21 14:21

 NTTドコモは、新しいLTEローミングサービス開始を加速させるために、ネットワークサービス上で認証や通信などを制御するDiameter信号のルーティングを担うソフトウェアを導入した。単一で拡張性の高いシステムとしたことでLTEローミングの加入者急増に対応できるようになったという。日本オラクルが11月20日に発表した。

 導入されたのは「Oracle Communications Diameter Signaling Router」。仮想化に対応しており、小規模な設備でLTEローミングのサポートに適しているという。Diameter信号は、ネットワークサービス上で“認証・認可・課金(Authentication, Authorization, Accounting:AAA)”したり、通信を制御したりするプロトコル。

 今回の導入でドコモは、日本国外でのLTEローミングサービスの提供が可能となったほか、ルーティングやトラフィックの管理、ロードバランシングの処理を一元化したことで、サービスとトラフィック需要の増加にあわせてLTEネットワークを段階的に拡張できるようになったという。

 実装は新日鉄住金ソリューションズが支援し、NTTドコモが導入を決定してからシステム稼働開始までのプロジェクト全体を6カ月間で完了したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]