編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

カスペルスキー、セキュリティ管理ツール提供--端末の脆弱性情報を収集

NO BUDGET

2014-11-21 17:07

 カスペルスキーは11月20日、ITセキュリティ管理ツール「Kaspersky Systems Management」の販売を開始した。税別価格は最小構成の10クライアントで12万4700円から。パートナー企業経由で法人を対象に販売する。

 Systems Managementは、管理対象のWindows端末の脆弱性情報を収集し、パッチが必要な端末を特定し適用することで、管理者の負担とパッチ未適用のリスクを大幅に軽減できるという。また、インベントリ情報、アプリケーションのリモートインストール、ソフトウェアのライセンス管理、OSイメージの作成と配信、デスクトップ共有などの機能を提供する。Systems Managementの各機能は、カスペルスキー製品の一元管理ツール「Kaspersky Security Center」からも操作できる。

 Security Center上のOSやアプリケーションに関する脆弱性データベースを随時更新し、管理対象のWindows端末をスキャンして脆弱性を検知。脆弱性を持つ端末と脆弱性の内容をリスト化し、必要なパッチを適用できると説明する。

 セキュリティパッチやアプリケーションをインストールしたOSイメージを作成し、配信できる。システム管理者はOSのマスターイメージをWindows端末へ展開することでセットアップの作業時間を短縮でき、エンドユーザーは最新のセキュリティ対策が適用された端末で作業できるという。

 管理者がエンドユーザーのWindows端末にリモートで接続し、直接操作できる。リモートデスクトップ(RDP)とは異なり、ログオンユーザーからセッションを取ることなく画面共有し、コントロールできる。このリモートデスクトップ共有機能は、特に遠隔地にあるオフィスのITサポート業務に効果を発揮するとしている。

 Windows端末のアプリケーションやハードウェア情報などのインベントリを管理し、アプリケーションをリモートインストール、アンインストールできる。ソフトウェアのライセンスを管理し、ライセンスの数や使用期間が超過した時にはアラートメールで通知する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]