編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

さらなる速さを求めて--世界の最速スパコン、トップ6 - 2/6

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-12-27 06:00


Titan

 米国で最速のスーパーコンピュータである「Titan」は、オークリッジ国立研究所に設置されている。同研究所は、米国が第二次世界大戦で初の原子爆弾の原料を開発した場所だ。

 Crayが開発したTitanは、AMDの2.2GHz「Opteron 6274 16C」プロセッサを使って、17.6ペタフロップスを記録した。この演算速度は天河2号に遠く及ばないかもしれないが、Titanは天河2号の半分の電力とわずか5分の1のコア数でそれを実現している。要するに、Titanは最速ではないとしても、より少ないリソースでより多くを実行できるということだ。

【関連記事】
スパコンの性能向上ペースが鈍化--中国の「天河2号」は「TOP500」で4連覇
スパコンランキング「TOP500」の97%はLinuxが独占
スパコンの省エネランキング「Green500」発表--日本勢の気になる順位は
米エネルギー省、世界最速のスパコン開発へ--IBMとNVIDIAらを指名


Titan

 米国で最速のスーパーコンピュータである「Titan」は、オークリッジ国立研究所に設置されている。同研究所は、米国が第二次世界大戦で初の原子爆弾の原料を開発した場所だ。

 Crayが開発したTitanは、AMDの2.2GHz「Opteron 6274 16C」プロセッサを使って、17.6ペタフロップスを記録した。この演算速度は天河2号に遠く及ばないかもしれないが、Titanは天河2号の半分の電力とわずか5分の1のコア数でそれを実現している。要するに、Titanは最速ではないとしても、より少ないリソースでより多くを実行できるということだ。

【関連記事】
スパコンの性能向上ペースが鈍化--中国の「天河2号」は「TOP500」で4連覇
スパコンランキング「TOP500」の97%はLinuxが独占
スパコンの省エネランキング「Green500」発表--日本勢の気になる順位は
米エネルギー省、世界最速のスパコン開発へ--IBMとNVIDIAらを指名

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]