編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

円安と米景気好調の恩恵で輸出産業復活へ

ZDNet Japan Staff

2014-11-26 10:34

 25日の日経平均株価は、50円高の1万7407円だった。円安でメリットを受けるゴム・自動車・電機・機械などの値上がりが目立った。楽天証券経済研究所のチーフ・ストラテジスト、窪田真之氏の分析を紹介する。

円安と米景気好調の恩恵で輸出産業復活へ

<ドル円為替レートと購買力平価(企業物価)の推移:2007年1月1日~2014年11月25日>


(出所:公益財団法人国際通貨研究所より楽天証券経済研究所が作成)

 日本の輸出産業は、ドル円為替レートが、購買力平価(企業物価)と比較して、円高になると競争力を失う。リーマンショック後の2008年~2012年は購買力平価を超える円高が進んだために、日本の輸出産業だけでなく、日本経済全体がダメージを受けた。

 アベノミクスがスタートした2012年12月から円安が急速に進んだ。ドル円為替レートは2013年にまず購買力平価まで戻った。そこで日本の輸出産業は競争力を回復しつつある。

 2014年9月以降、為替は、購買力平価を突き抜けて円安が進んでいる。この効果で、2015年は日本の輸出産業の競争力が一段と高まると考えられる。

<参考>購買力平価とは

 ビッグマックレートが有名。同じもの(たとえば、マクドナルドのハンバーガー)がいくらで売られているかを日米で比較し、そこから均衡為替レート(購買力平価)を求める。たとえば、アメリカで1ドルのハンバーガーが日本で100円で売られているのならば、1ドル100円を均衡レート(購買力平価)と考える。

 ここでは、ハンバーガーではなく、企業が取引する財のバスケット価格を日米で比較することから求められる購買力平価(企業物価)を用いている。日本の輸出企業の競争力を見るのには、購買力平価(企業物価)と実際の為替レートを比較するのが有効だ。データは公益財団法人国際通貨研究所が算出していたものを使っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]