編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アップルやグーグルの暗号技術で犯罪捜査が困難に? - (page 2)

Josh Taylor (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-27 13:18

 同氏はデータの主権性も問題だとしている。AFPがアクセスしたいデータがクラウドに保管されることが増えており、そのストレージがオーストラリア国外にあれば、データへのアクセスにはるかに長い時間がかかることもあるという。

  Morris氏は、刑法の執行を目的として電気通信企業に対し顧客データの2年間の保持を義務付けるという、オーストラリア政府の法案を支持している。同氏は、メタデータのような情報を通じて犯人の身元を明らかにすることが、AFPの役割に不可欠だと述べた。

 Morris氏は、英国、オーストラリア、ニュージーランド、米国、カナダの情報機関で構成される、いわゆる「Five Eyes」同盟は、技術や情報を交換できるという点でAFPにとって「大変ありがたい存在」だとしている。また、AFPは2014年、FBIなどの機関と密接に連携し、「GameOver Zeus」ボットネットを閉鎖したという。

 「GameOver Zeusを撲滅しようという試みは何度か行われたが、うまくいかなかった。そこでAFPはほかの国際情報機関と連携しつつ、オーストラリアのインターネットサービスプロバイダー2社と協力して、マルウェアのアップデートに使われていた膨大な数のドメイン名に対し、この2社の顧客がインバウンドおよびアウトバウンドの接続を行えないようにした」(Morris氏)

 AFPが電気通信法の下で権限を行使して、インターネットサービスプロバイダーにウェブサイトのブロックを要求したことは議論を呼んだ。オーストラリア議会は現在、この権限を見直している。Morris氏によれば、GameOver Zeusの例は、警察機関の連携がオーストラリア市民をさらなるセキュリティ侵害から守った例を示しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]