編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Windows 10」のコンシューマー機能、1月発表か--MSが自社イベントを準備との情報

ZDNet Japan Staff

2014-11-28 11:19

 次期OS「Windows 10」の開発を進めるMicrosoftが、2015年1月後半にイベントを開催してコンシューマー向けの機能を発表するようだ。The Vergeが「Microsoftの計画に近い情報筋」からの情報として報じている。1月6日〜9日に米ラスベガスで開催される恒例のコンシューマー家電イベント「CES(Consumer Electronics Show)」の後に開催されるという。

 The Vergeによると、MicrosoftはCESにも出展するが、1月後半にWindows 10に関連したプレス向けのイベントを開くという。ここでは、Windows 10の新しいタッチインターフェース「Continuum」など多数の機能が公開されるほか、スマートフォンやタブレットについても計画を発表すると同サイトは予想している。また、ゲーム端末「Xbox One」の最新のダッシュボードも公開するかもしれないと同記事には書かれている。

 Windows 10のこれまでの経過として、Microsoftは9月30日に米サンフランシスコで開催したイベントで、”Threshold”という開発コードで呼ばれていた次期OSの名称を「Windows 10」と発表した。このイベントではスタートメニューの復活などユーザーインターフェースが一部公開されたが、主としてエンタープライズ向けの機能発表にとどまり、コンシューマー向け機能は「2015年の早い段階」で発表するとしていた。

 今回の情報はこのような流れを受けてのものとなり、The Vergeは「Microsoftは計画通りに進めているようだ」と記している。

 The Vergeでは、Microsoftは年内には1月後半のWindows 10関連イベントについて具体的な計画を発表するだろうと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]