編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

原油安、米好景気、円安が追い風--12月1日週の日本株見通し - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2014-12-01 11:24

米景気が好調で、日本の景気に追い風

 今週は、雇用統計(5日発表予定)やISM製造業景況指数(1日発表予定)など、米景気の重要指標が多く発表になる。また、米クリスマス商戦のすう勢が見え始める。クリスマス商戦は好調、米景気は強いことを示唆する内容になると予想できる。それが、日本経済にも恩恵をもたらす。

 米景気が好調でも、それで米長期金利が上昇し、米国で早期利上げ懸念が台頭すると、世界の株式市場にマイナスに作用する。ただし、今のところそれは心配しなくていいと考えられる。ドル高と原油安の効果で、米国のインフレ率が落ち着いているからだ。世界的なデフレ進行もあり、ドル金利が上昇する環境にない。

 米景気が好調にもかかわらず、米金利が上昇しない環境は、世界の株式相場にとって理想的といえる。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]