編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Android」バージョン別シェア、「KitKat」が微増--「Jelly Bean」は依然として首位

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-12-03 11:08

 「Android 4.4 KitKat」は「Android」デバイス上でシェアを広げているが、依然として旧OS「Jelly Bean」に次いで2位となっている。米国時間12月2日に公開されたGoogleの「Android Developers Dashboard」の最新データを見ると、12月1日までの7日間で、KitKatが33.9%のシェアを獲得していることが分かる。前月は30.2%、9月は25%、8月は21%であったため、シェアは着実に伸びている。

 Developers Dashboardはこれまでと同様に、さまざまなAndroidバージョンの利用状況を完全に把握できるものとなっていない。Developers Dashboardの情報は、7日間という期間に「Google Play」ストアにアクセスしたデバイスの情報に基づいている。

 首位は依然としてAndroid Jelly Beanだ。合計シェアは48.7%で、前月の50.9%から縮小した。3位は、2010年にリリースされた「Android Gingerbread」だ。シェアは9.1%で、前月の9.8%から減少している。しかし、まだGingerbreadで動いているAndroidデバイスの多くは、単にそれより新しいバージョンのAndroidと互換性がないだけかもしれない。

 4位は「Ice Cream Sandwich」だ。シェアは7.8%で、前月の8.5%から縮小した。

提供:Google
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]