編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ウェブ開発を目指すならJavaScriptを身につけろ - (page 2)

Tony Patton (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-12-09 06:30

 この状況は、初めの頃とは大きく違っている。当時、JavaScriptを学んだということは、履歴書に堂々と書くようなことではなかった。JavaScriptは、本物のプログラマーならわざわざ習得したりしないものと見なされていたからだ。現在、JavaScriptは、大半の求人担当者が人を雇おうとする時に使うキーワードである。

 JavaScriptは、ウェブ開発の仕事を探している人が最初に身につけるのに良い言語だと筆者が考える主な理由は、以下のとおりである。

  1. 始めやすい:JavaScriptは他の言語に比べて比較的学びやすい。すぐに使えるスクリプトやリソースがオンラインでたくさん見つかる。さらにJavaScriptは、どんなテキストエディタでも、「Atom」「ChromeDev Editor」「jsFiddle」といったさまざまなフリーツールでも作成できる。
  2. クロスプラットフォームである:JavaScriptは、Node.jsを介したサーバのサポートに加えて、全てのブラウザでサポートされており、ほとんどのモバイルプラットフォーム上で機能する。JavaScriptのスキルセットを使えば、ほとんどのプラットフォームを対象としたアプリケーションが開発できる(注意点:JavaScriptは万能のツールではない。例えば、データ分析のようなリソース集約型のアプリケーションは、他の言語を使ったほうがうまくいくだろう)。
  3. 確立した技術である:サーバ上でJavaScriptを使うことは比較的新しい概念かもしれないが、核となるJavaScript言語には長い歴史があり、時間とともに成熟して、今では標準的なウェブスクリプト言語として広く受け入れられている。
  4. 次への取っ掛かりとなる:JavaScriptは、他の開発プラットフォームとも相性が良いので、いずれRuby on RailsやASP.NET、PHPなどの他の環境に挑戦する場合にも、JavaScriptのスキルは必要になるだろう。ただし、JavaScriptでしっかりとしたウェブアプリケーションを構築するには、HTMLと多少のCSSを学ぶ必要がある。
  5. 話題の技術である:これは確立した言語ではあるが、業界は、JavaScriptの知識とスキルを持った人材を必死で探している。求人情報を見てみれば、そうした傾向が分かるだろう。

責任を持ってJavaScriptの学習に取り組もう

 筆者はかつて、JavaScriptは学ぶのは簡単だが使いこなすのは難しい言語だと言われるのを聞いたことがある。これは多くの言語に言えることかもしれないが、ウェブにJavaScriptがあふれているのは、新人開発者が、他のサイトで実際に使われているコードをさっとコピーして、それが動くように必要な修正をした上で、そのコードを十分に理解しないままに使えてしまうことを意味している。

 JavaScriptは現在、ウェブを支える重要な存在になっているのだから、ウェブ開発者になりたいという気持ちがある人は、JavaScriptを最初に学ぶ言語として集中的に取り組むべきである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]