編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
Symantec in Sydney

日々2万件以上のセキュリティインシデントを分析--シマンテックがSOCを公開 - (page 2)

鈴木恭子

2014-12-09 07:30

徹底したアナリスト教育で他社との差別化を図る

 現在、多くのITベンダーがSOCを擁し、セキュリティコンサルティングサービスを提供している。SymantecのSOCは、どのような優位性があるのか。Sparkes氏は、「人材力」「技術力」「グローバルサービス力」の3つを挙げる。

 中でも、「アナリストの人材育成には注力している」と、Sparkes氏は力説する。Symantecには独自の教育プログラムがあり、SOCアナリストになるためには、3~6カ月間のアナリスト育成期間を経て、「インシデント対応認定」を受ければならない。その前提として、セキュリティ資格「GIAC Certified Intrusion Analyst」を取得する必要があるという。

 Sparkes氏は「今後、日本SOCを含むすべてのSOCで人材の充実を図る」と語る。

 「例えば、オーストラリアSOCチームは現在16人だが22人に増員する。日本SOCにもアナリストチームにも、新規メンバーが2人加わった。今後は、ビッグデータプラットフォームの進化により、データ分析機能は向上する。その結果、今まで人間で分析していたことも、プラットフォームでの分析が可能になるだろう。そのような状況においては“卓越した分析力”を持つ人材が必要となる。われわれは人材教育には投資を惜しまない」(Sparkes氏)


「マネージドセキュリティサービス(MSS)」の顧客に提供される情報提供ポータル。
チャット機能なども備えており、日本の顧客は日本語でSOCメンバーとやりとりできる

Symantecのシドニーオフィスは、観光名所の「ハーバーブリッジ」近くにある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]