編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

サイボウズ、「ガルーン」を4年ぶりにメジャーバージョンアップ

NO BUDGET

2014-12-08 18:15

 サイボウズは12月8日、エンタープライズグループウェア「サイボウズ ガルーン」のパッケージ版の最新バージョン「サイボウズ ガルーン 4」の販売を開始した。

 今回は4年ぶりのメジャーバージョンアップとなり、合計64件の機能追加、改善が施されている。先行して新機能を提供しているクラウド版「Garoon on cybozu.com」で既にユーザーから高い評価を得ているというスマートフォン専用画面や、組織の事前設定などが利用できるようになった。


(サイボウズ提供)

 ガルーンは、数万人規模でも安心して利用できるスケーラビリティや多言語、タイムゾーン対応などを特徴とするグループウェア。2002年に販売が開始され、現在では3300社が導入、合計ユーザー数は160万人に上る。2014年に導入を決定した企業にはJFEスチール(ユーザー数1万3000人)、星野リゾート(ユーザー数2000人)などがあるとしている。

 2013年に、サイボウズ製品未導入企業も含めた1000人以上の企業ユーザーを対象として同社が実施したアンケート結果によると、「(数年前)グループウェアを導入した当時に重視した製品機能」と「今後、リプレースする時に重視したい製品機能」を比較したところ、「モバイル対応」については約3倍と特に大きな伸びを見せている。


(サイボウズ提供)

 このようなニーズに対応するのが、ガルーン 4の新機能の1つであるスマートフォン専用画面。専用アプリでなくスマートフォンのブラウザから、スマートフォン専用画面でガルーンにアクセスする。専用アプリをインストールする手間がかからず、多数の端末を使う大企業ユーザーでも手軽に利用でき、また端末にデータが残らないので紛失、盗難時のリスクも抑えられる。

 一方、組織の事前設定機能では、発令予定の組織図を事前に作成し、当日に自動反映することが可能となった。大規模な組織異動や入退社が集中する時期に、管理者の負担を大幅に軽減する。


組織の事前設定(サイボウズ提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]