編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

オバマ大統領、中学生らとJavaScriptコーディングを体験--「Hour of Code」イベントで

Anne Dujmovic (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-12-09 13:30

 誰でもコーディングを学ぶことができるという考え方を普及させようと、Obama米大統領は米国時間12月8日、ホワイトハウス主催のイベントで中学生らの横に座り、数行のJavaScriptの書き方を学んだ。

 このイベントは、非営利団体Code.orgの呼びかけで開始され、2014年で2回目となる年次キャンペーン「Hour of Code」の一環として行われた。Code.orgは、コンピュータサイエンスをあらゆる場所の子どもたちが利用できるようにすることを目標に掲げている。

米国時間12月8日、中学生らとともにHour of Codeイベントに参加したObama米大統領
米国時間12月8日、中学生らとともにHour of Codeイベントに参加したObama米大統領
提供:Andrew Harrer -- Pool/Getty Images

 今週、世界中で7万7000を超えるHour of Codeのイベントが「Computer Science Education Week」と称して、学校、公立図書館、コーディングクラブなどで開催される予定だ。8日にはロンドンで、生徒たちが英国のDavid Cameron首相にプログラミングについていくつか手ほどきした。

 Obama大統領は今週、Hour of Codeイベントを奨励する動画に登場し、若者たちに次のようなメッセージを寄せている。「モノを消費するだけではなく、モノを生み出そう。われわれの生活のあらゆる場面に関わる身近なテクノロジについて、時間をとってもっと学んでみよう」

 またCode.orgは今週、Bill Gates氏から女優Jessica Albaさん、歌手Usherさんなど、テクノロジ分野の著名人やセレブを招いて、「YouTube」チャンネル上で全米100教室とつなぐビデオチャットに参加してもらっている。

 Appleは、1時間程度のワークショップを、同社の世界全446カ所の直営店で11日に開催する予定だ。同社は、このワークショップをコンピュータサイエンスの入門クラス程度のものと考えている。このほかにも、Disney Interactive、Microsoft、Best Buyなどの企業もHour of Codeイベントを開催する予定。さらに、Google、Target、Salesforce.comを始めとする30数社が、各社のスタッフら対し、従業員向けのHour of Codeプログラムに参加するよう推奨している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]