編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

自前の変電所まで!--AWS幹部がデータセンターの詳細を紹介 - (page 2)

Michael Kassner (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-12-11 06:00

図D
figure_5
提供:Amazon and James Hamilton

 AWSのラック、サーバ、ネットワークアダプタ(図D):Hamilton氏は、ネットワークの遅延に加えて、サーバソフトウェアスタックにも許容できない遅延があったと述べている。

  • アプリケーション、ゲストOS、ハイパーバイザ、ネットワークアダプタで構成されるソフトウェアスタックにミリ秒単位の遅延。
  • ネットワークアダプタを通過するトラフィックにミリ秒単位の遅延。
  • ファイバリンク経由でサーバ間を移動するトラフィックにナノ秒単位の遅延。

 ソフトウェアスタックの遅延を解消するため、Amazonは現在、Single-Root I/O Virtualization(SR-IOV)を使用する仮想ネットワークカードを各ゲストで利用している。Hamilton氏は、SR-IOVの使用に関して難しかった点は、各仮想ネットワークアダプタの隔離、DDoS攻撃の防止、キャパシティの監視の方法を考え出すことだったと説明した。

図E
figure_6
提供:Amazon and James Hamilton

 AWSのカスタムサーバとストレージの設計(図E):先述のように、市販のネットワーキング機器はAmazonにとって大きな足かせとなっていた。Hamilton氏によると、サーバについても同じように考えられていたため、同社は独自のサーバ、プロセッサ、ラックの開発を決定したという。

  • サーバはAmazonが設計し、ODMが製造。
  • プロセッサはAmazonがIntelと共同開発したカスタム設計。
  • Amazonのラックは864台のハードドライブを収納可能で、重量は2000ポンド(約907kg)以上。
図F
figure_7
提供:Amazon and James Hamilton

 AWSの電力インフラストラクチャ(図F):独自のネットワーキング機器、サーバ、プロセッサ、ラックを開発することは、それほど突拍子もないことには思えない。では、変電所を建設することはどうだろうか。変電所の計画と建設は時間のかかるプロセスに思える。かかりすぎると言ってもいい。Amazonは絶えずデータセンターを建設しているからだ。そこで、Amazonの経営陣は、自前の変電所を建設してボトルネックを取り除くことを、自社の最優先事項とした。

 電力に関しては、AmazonはGoogleやMicrosoftと同様、電力購入契約とそれに付随するグリーン電力証書を好んでいる。

Hamilton氏の最後のコメント

 Hamilton氏はプレゼンテーションの終盤で、Amazonで起きている「革新のペース」について語った。AWSは急速に成長している。それに伴い、競争の激しい市場で機動力を維持することについて、管理面での懸念が発生している。Hamilton氏はうれしそうな様子で、AWSはこれまでより多くのサービスをより速いペースで提供しており、信頼性も高まっていると報告した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]