編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイバー攻撃の新たな標的は?--2015年ITセキュリティ10大予測 - 5/10

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-12-10 06:00

モノのインターネットが標的に
 デバイスをネットワーク化し、接続する、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)のアイデアは、ゆっくりと消費者市場にも浸透しつつある。スマートコーヒーメーカーや、スマートカー、Googleの温度計「Nest」などは氷山の一角に過ぎない。しかし、デバイスをインターネットにつなぐと、そのデバイスが攻撃対象になる可能性もある。2015年には、IoTが広がるにつれて、これらのデバイスを狙ったサイバー攻撃が増えると思われる。

モノのインターネットが標的に
 デバイスをネットワーク化し、接続する、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)のアイデアは、ゆっくりと消費者市場にも浸透しつつある。スマートコーヒーメーカーや、スマートカー、Googleの温度計「Nest」などは氷山の一角に過ぎない。しかし、デバイスをインターネットにつなぐと、そのデバイスが攻撃対象になる可能性もある。2015年には、IoTが広がるにつれて、これらのデバイスを狙ったサイバー攻撃が増えると思われる。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]