編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

実は「標的サイトで何年も動いていた」--強力なスパイ機能の「Turla」にLinux版

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-10 11:50

 セキュリティ研究者らが、複雑な「Windows」マルウェアの亜種で、Linuxを標的としたものを発見した。Windows版は過去に大使館や軍事施設、製薬会社を狙っていたことで知られている。

 このたびのLinuxマルウェアの出現は、2014年に入ってからKasperskyやSymantecの研究者らが見つけた「Turla」ファミリに続くもの。Turlaは、政府機関の手によるものとして、ロシアが出所として疑われている。

 Kasperskyによると、Windows版Turlaは45カ国以上で膨大な数のコンピュータに感染した。悪意を持って作り込まれたPDFファイルを使うなどのソーシャルエンジニアリング技術や、水飲み場型攻撃を利用するのが特徴で、Windowsと「Adobe Reader」のゼロデイ脆弱性を少なくとも2件悪用していた。

 Kasperskyの研究員Kurt Baumgartner氏とCosting Raiu氏は新しく出現したLinux版のサンプルは「標的サイトのシステムをより幅広くサポート」すると述べる。2人はこれが「標的サイトで何年も動いていた」とみる。

 サンプルは、隠れてネットワーク通信したり、任意のコマンドを遠隔地から実行したり、リモートから管理したりする機能を持っていた。

 Windows版と同じようにハードコーディングされ、コマンド&コントロール(C&C)ドメインが一緒だったことから、Turlaの一連の攻撃との関連性が明るみになった。

 しかし、Linux版は「cd00r.c」として古くから広く知られる概念実証のためのバックドアを利用しているのが特徴だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]