編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
大河原克行のエンプラ徒然

9カ国51人がデザイン、3週間でMVP完成--クラウドソーシング「Topcoder」の実際 - (page 2)

大河原克行

2014-12-10 18:52

 Topcoderにとって、Lightningを使用した部品モジュールの開発コンテストを実施するのには意味がある。ひとつは、Lightningの部品をTopcoderで開発して、蓄積することでLightningでの開発を、それぞれの開発者が独自性を発揮しながらコンテストに参加できるという環境を作るという点だ。

 現在、Salesforce.comでは、Lightningで今後どんな部品を供給するのかを明らかにしていない。Topcoderの開発コミュニティで開発された部品とぶつかるようなものも当然想定される。だが、アピリオでは、その点をあまり気にしていないという。

 「まず多くの部品を集めることで、Topcoderが先進技術にいち早く対応できるコミュニティであるということを訴求する狙いもある。Lightningの部品開発者のヒーローを作り上げる狙いもある。Swiftに関しても同様にいち早く対応。わずか5週間でコミュニティの中に3500人のSwift開発者を育てることができた。それによって、コミュニティとしての価値を上げることができた」

山家匠氏
アピリオ シニアコンサルタント 山家匠氏

 TopcoderがLightningにいち早く対応している狙いはここにある。今回、アピリオが実施したモバイルアプリのデザインコンテンストもLightningを対象にしたものだ。「日本語化されたモジュールもすでに7つ用意されている」(アピリオ シニアコンサルタント 山家匠氏)という。Lightningに強いコミュニティという代名詞を獲得することが、Topcoderの直近のテーマのようだ。

オフラインでも展開へ

 2015年はTopcoderへの日本人開発者の参加を促進したいともいう。

 すでにグローバルでも高い評価を得ている日本人開発者も多いというが、「オンラインで参加を促すだけでなく、技術者が集まる場所に出ていって、魅力を伝えていきたい。具体的な場所や時期などは決めていないが、積極化させたい」という。

 米サンフランシスコでSalesforce.comが開催したイベント「Dreamforce 2014」では、Topcoderのブースが用意され、3000人の開発者が新規に登録したという。12月4日に日本のセールスフォース・ドットコムが開催したイベント「Salesforce World Tour Tokyo」では、今回のコンテンストで開発したモバイルアプリを展示するとともに、Topcoderへの参加も呼びかけた。こうしたイベントを通じた募集活動を加速する考えだ。

 クラウドソーシングは、欧米ではかなりの広がりがみられているが、日本ではまだまだこれからだ。Topcoderの日本での取り組みは、日本でのクラウドソーシングの認知度向上、メリット訴求という段階からスタートすることになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]