編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Linux Mint 17.1」--初めてのインストールと設定 - 2/10

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-12-12 06:30

Mintの設定

 Mintのイメージを書き込んだUSBやDVDを使ってPCを起動したら、必要最小限の機能を搭載した画面が表示されるはずだ。この状態で少しMintを使ってみれば、手元のマシンで使いものになるかどうかを判断できるだろう。この時点で確認しておくべきことは、インターネットに接続できているかどうかである。接続できているのであれば準備は完了と言える。

 なお、DVDやUSBドライブからMintなどのLinuxを稼働させる場合、ハードディスクやSSDにインストールした場合に比べるとかなり動作速度が遅くなるという点は頭に入れておくべきだろう。

 手元のハードウェアでMintがちゃんと動作すると確認できたら、「Install Linux Mint」をダブルクリック。その後は、いくつかの質問(使用する言語など)に答えるだけだ。こういった質問には、Mintと既存OSの間でハードディスクを共有するか、ハードディスク全体をフォーマットしてMintのものにするかという選択も含まれている。Mintが自分に合っていると確認できるまでは共有、つまり「Linux Mintを〜とは別にインストール」を選択しておくのがよいだろう。

 また、自分のいる地域のタイムゾーンやコンピュータ名を指定するとともに、ユーザー名とパスワードを設定する必要もある。これくらいだ。実際のところ、Mintをはじめとする最近のLinuxでは、インストール時に問題に直面するようなことはないはずだ。

 インストールできたら、再起動後にこの写真のような画面が表示される。Mintを初めて使うのであれば、まず「Welcome Screen」の内容に目を通してほしい。ここには「User guide」(ユーザーガイド)や「チュートリアル」、インターネットの「フォーラム」といったリソースへのリンクも含まれている。

Mintの設定

 Mintのイメージを書き込んだUSBやDVDを使ってPCを起動したら、必要最小限の機能を搭載した画面が表示されるはずだ。この状態で少しMintを使ってみれば、手元のマシンで使いものになるかどうかを判断できるだろう。この時点で確認しておくべきことは、インターネットに接続できているかどうかである。接続できているのであれば準備は完了と言える。

 なお、DVDやUSBドライブからMintなどのLinuxを稼働させる場合、ハードディスクやSSDにインストールした場合に比べるとかなり動作速度が遅くなるという点は頭に入れておくべきだろう。

 手元のハードウェアでMintがちゃんと動作すると確認できたら、「Install Linux Mint」をダブルクリック。その後は、いくつかの質問(使用する言語など)に答えるだけだ。こういった質問には、Mintと既存OSの間でハードディスクを共有するか、ハードディスク全体をフォーマットしてMintのものにするかという選択も含まれている。Mintが自分に合っていると確認できるまでは共有、つまり「Linux Mintを〜とは別にインストール」を選択しておくのがよいだろう。

 また、自分のいる地域のタイムゾーンやコンピュータ名を指定するとともに、ユーザー名とパスワードを設定する必要もある。これくらいだ。実際のところ、Mintをはじめとする最近のLinuxでは、インストール時に問題に直面するようなことはないはずだ。

 インストールできたら、再起動後にこの写真のような画面が表示される。Mintを初めて使うのであれば、まず「Welcome Screen」の内容に目を通してほしい。ここには「User guide」(ユーザーガイド)や「チュートリアル」、インターネットの「フォーラム」といったリソースへのリンクも含まれている。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]