編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

クラウドコラボレーションの新興企業Huddle、5100万ドル調達

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-12 10:17

 企業向けクラウドストレージ市場は引き続き大混戦の様相を呈している。最新のニュースは、英ロンドンに拠点を持つクラウドコラボレーション企業Huddleが現地時間12月11日に発表した資金調達だ。

 Huddleは米サンフランシスコにも本社機能を持ち、ニューヨーク、ワシントンにオフィスを構える。同社は今回、シリーズDとして5100万ドルの資金調達に成功した。

 CrunchBaseのデータによると、Huddleはこれまで3回の資金調達を通じて合計3820万ドルを調達している。

 最新の投資ラウンドは英国のプライベートエクイティ企業Zouk Capitalが率いており、Hermes GPE Environmental Innovation Fundのほか、過去にもHuddleに投資したMatrix Partners、Jafco Ventures、DAG Ventures、Eden Venturesが参加している。Zoukのパートナー、Nathan Medlock氏は取締役としてHuddleに参加する。

 今回得た資金は、企業や政府系の顧客をターゲットとした外部コラボレーション製品に関連した開発に充てる計画だ。

 Huddleの顧客には、Panasonic Europe、米航空宇宙局(NASA)などがあり、英国の中央政府部門も80%がHuddleを利用していることで知られている。

 製品側では、安全性を特徴とするパブリッシングプラットフォームを8月に発表している。分析ダッシュボードを持ち、チーム間のコラボレーションを想定して設計されており、ファイアウォール内外のユーザーがアクセスできるプラットフォームだ。分析ダッシュボードは2015年前半に提供される予定。

 Huddleは12月11日、米国と欧州での拡大計画についても明らかにし、製品チームの人数を倍増させるとした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]