編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

日本のオープンデータ公開状況は世界で19位--順位を上げる

山田竜司 (編集部)

2014-12-17 12:56

 英Open Knowledgeは、世界規模でのオープンデータの公開状況を調査した「オープンデータインデックス2014」を発表した。日本はこのオープンデータインデックスで、2013年の27位から19位に上昇した。

 インデックスでは、政府支出や選挙結果、交通時刻表、環境汚染レベルなど主要10領域での情報の可用性とアクセシビリティに基づいて、国ごとにランク付けしている。

 日本は国連電子政府ランキングでも順位を上げ、2013年の18位から6位となった。日本政府は政府データカタログサイトを正式にローンチし、電子行政オープンデータ推進のためのロードマップを発表している。

 政府は、オープンデータ政策についてもリーダーシップを発揮し、政府IT戦略(世界最先端IT国家創造宣言)の目標である2015年度末に世界最先端の国々の一員となることを目指している。

 オープンナレッジファウンデーションジャパン(OKFJ)は、目標達成のために取り組む課題として、時刻表や政府支出、企業登記などを挙げている。時刻表に関して、民間の鉄道会社と協力してオープン化を加速させることや、より詳細な政府支出を報告すること、登記情報提供サービスの改善などを提案している。


オープンデータの日本の状況

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]