編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

キヤノンITS、UTMの仮想アプライアンス販売--DDoS対策やWAFなども搭載

NO BUDGET

2014-12-16 17:58

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は12月16日、統合脅威管理(UTM)の仮想アプライアンス製品「SECUI MF2 Virtual Edition(VE)」の販売を開始した。「VMware ESXi 5.5」上で稼働する。オープン価格。

 今回発売されるMF2 VEはアプリケーションの可視化や制御、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を搭載するUTMアプライアンス「SECUI MF2」のソフト部分を切りだしたもの。仮想アプライアンスとして仮想基盤上に容易に展開でき、複雑化する外部の脅威から効果的な防御を提供するという。

 提供されるのは、ファイアウォールモデルとUTMモデルの2種類。ファイアウォールモデルの機能はファイアウォールとIPsecのVPN。UTMモデルは、これらに加えて、不正侵入防止やスパム対策、ウイルス対策、ウェブフィルタリング、アプリケーション制御、WAFなどの機能を利用できる。

 MF2 VEの発売では、これまでキヤノンITSがセキュリティ製品の販売やサポートで蓄積した知見を活かし、管理画面や製品マニュアル、技術資料の日本語化などでSECUIと協力し、日本のユーザーが使いやすい製品になったという。また、Cyren(旧Commtouch)のウイルスデータベース(DB)、ジランソフトの迷惑メール(スパム)DB、アルプスシステムインテグレーションのウェブフィルタリングDBなど日本市場で実績のある各エンジンを採用した。

 開発元は、2000年3月に韓国Samsungグループの情報セキュリティ専門会社として設立されたSECUI。UTMを中心にネットワークセキュリティ製品の設計や開発、販売、情報保護コンサルティング、セキュリティ専門SIサービスも提供している。日本国内では2009年11月から販売を開始し、1万社以上の導入実績があるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]