アバイアとグーグル、コンタクトセンター向けサービスで協業

NO BUDGET

2014-12-18 11:22

 米Avayaは12月17日、法人向けの画期的なコンタクトセンター向け製品やサービスで、Googleと協業すると発表した。

 これにより、顧客関係管理に関するAvayaの専門知識と、ウェブアプリケーションとChromebookにおけるGoogleの専門知識を組み合わせ、コンタクトセンター業務の単純化、柔軟性やコスト効果の向上を目指す。

 今回の初期プロジェクトでは、あらゆる場所で新規エージェントやスーパバイザーの設定を簡単に管理できるようなり、ピーク時の需要や季節的な需要の管理に理想的なソリューションを実現するだけでなく、ビジネスの継続性、モバイルやリモートでのエージェント戦略をサポート。

 カスタマーサービス担当エージェントは今後、ブラウザ同士でリアルタイムに映像やデータを送受信する技術「WebRTC」対応インターフェースを通じ、Chromebookを利用してAvayaのコンタクトセンターエージェント向けデスクトップを利用できるようになる。

 協業により提供する新サービスは「Avaya Agent for Chrome」。個々のエージェントが複雑な専用ソフトウェアをダウンロードしなくていいため、管理の大幅な効率化が実現する。さらに、顧客へのリアルタイムの対応に欠かせない要素として、フルスイートのテクノロジを迅速かつ低コストで活用できる。

 Avayaでは、WebRTC規格の活用によりコミュニケーションとコラボレーションへの21世紀のアプローチをけん引しており、今回のプロジェクトはこうした取り組みの最新の事例となる。

 さらに、次世代ビジネスツールの採用に関するAvaya自身の戦略の一環として、今後さまざまな分野に「Google Apps for Work」を採用。コラボレーションを迅速化し、社内共有の重要なリソースへのアクセスを向上させていくとのこと。

 一方、Googleは自社のグローバルテレフォニー基盤とコンタクトセンターの運営にAvayaの技術を活用している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]