編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

オラクルのエリソン氏、セールスフォースに改めて宣戦布告--「追いつき、追い越す」

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-18 12:37

 Oracleは米国時間12月17日、第2四半期決算を報告した。Software-as-a-Service(SaaS)、Platform-as-a-Service(PaaS)、Infrastructure-as-a-Service(IaaS)の3層のクラウドプラットフォームを提供する戦略が功を奏して、業績は予測よりも堅調だった。

 しかし、業績発表の直後に行われた電話会議では、過去3カ月の業績以外にも話が及んだ。

 Oracleの会長兼最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison氏はアナリストや投資家たちに対し、同社が2015年はパートナーでもあり、ライバルでもあるCRMベンダーのSalesforce.comに追いつき、さらには追い越すと約束した。

 共同最高経営責任者(CEO)はくすくすと笑いながら、Oracleの方が製品ポートフォリオが豊富だと述べ、その豊富さで戦うつもりであることを言外に示した。

 ハードウェア製品もソフトウェア製品も擁するOracleは、(長い歳月にわたる開発期間を経た後の)ここ数年はクラウド戦略を推し進めてきたが、2014年に入ってから取り組みを本格化し、顧客を大幅に増やした。

 会計年度2015年の第2四半期には、SaaS、PaaS、IaaS製品の売り上げが前年同期比45%増の5億1600万ドルに伸びた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]