編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

オラクル、第2四半期決算を発表--予測を上回る

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)

2014-12-18 12:29

 Oracleは、2015会計年度第2四半期の決算を同社史上最大規模となる経営陣の交代と同時に発表した

 第2四半期には、それほど大きな動きはなかったものの、これまでの6四半期のうち5四半期で売上目標に届いていなかったことから、Oracleにはプレッシャーがかかっていた。

 しかし、今四半期はこれまでと違った。

 ハードウェアおよびソフトウェア大手のOracleは、第2四半期の純利益は25億ドル(1株あたり56セント)だったと報告した

 売り上げは96億ドルで、非GAAPベースの利益は1株あたり69セントだった。

 ウォール街では、売り上げが95億1000万ドル、非GAAPベースの利益が1株あたり68セントと予測されていた。

 Oracleは、新たな分野におけるクラウドポートフォリオの売り上げが急増していることを強調した。Software-as-a-service(SaaS)、Platform-as-a-service(PaaS)、およびIaaS(Infrastructure-as-a-service)を合わせた売り上げは、前年比45%増の5億1600万ドルだった。

 これとは対照的に、通常型のクラウドとソフトウェアの売り上げは5%増の73億ドル、ハードウェアの売り上げは13億ドルで1%の微増にとどまった。

 Oracleはまた、外貨に対して米ドルが高くなっていることへの懸念について再び言及した。同社によれば、非GAAPベースの利益からソフトウェアやクラウドの売り上げに至る多くの項目において、第2四半期決算の数字は、ドル高がなければいずれも少なくとも数%高くなっていたという。

 Oracleの会長兼最高技術責任者(CTO)Larry Ellison氏は、今会計年度の残りについて、楽観的な見通しを維持し、新規のクラウド契約が第4四半期までに2億5000万ドルを超えるとの予測を示した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]