編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

グーグル、ビッグデータ分析基盤「Cloud Dataflow」のJava用SDKをオープンソース化

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-19 10:16

 Googleは米国時間12月18日、Java用の「Cloud Dataflow SDK」をオープンソースで提供することを発表した。「Cloud Dataflow」は、同社が2014年夏に開発者向けイベントのGoogle I/Oで発表したもので、ストリーミングモードとバッチモードのいずれでも情報を処理できるように設計された、ビッグデータ分析ソリューションだ。

 当時、Google Cloud Platform担当シニアバイスプレジデントのUrs Holzle氏は、Google社内ではすでに、「任意の大きなデータセット」を分析するパイプラインの新しいアプローチとして、「MapReduce」をCloud Dataflowで置き換えたと発言していた。

 Cloud Dataflowは、「Amazon Web Services」を始めとするほかのクラウドプロバイダーを追う同社の、急速に進化し、成長しているクラウドスタックを構成する重要な要素だ。具体的には、Cloud Dataflowは、「AWS Redshift」やHadoopのツールである「Amazon Elastic MapReduce」に対抗するソリューションとなる。

 GoogleのソフトウェアエンジニアであるSam McVeety氏は、12月18日のブログ記事で、このオープンソースSDKは、開発者がGoogleのマネージドサービスを簡単に統合できるようにするとともに、Cloud Dataflowをほかの開発言語や環境に移植しやすくするものだと述べている。

 Java用のCloud Dataset SDKは、すでにGitHubから入手できるようになっている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]