データセンターマネジメント新潮流

可視化とシミュレーションでデータセンターの健全性を維持する - (page 2)

シュナイダー・エレクトリック

2015-01-07 07:30

障害回避や省エネ効果を将来にわたって享受

 では、DCIMシステムはいかにして、継続的にデータセンターを育てるのに役立てられるのか。データセンターの典型的な増強および改善シーンとして、IT機器の追加とIT機器の電力制御、そして空調の電源制御の3つの例について見ていこう。

(1)IT機器追加時のエアフローシミュレーション

 データセンターでは、サーバの追加やラックの追加が日常的に行われている。ところが、データセンター内にスペースの余裕があるといっても、むやみにサーバやラックを増設すると、当初の設計で最適化していた室内の空気の流れが変わってしまい、熱だまりが生じかねない。

 データセンター全体のレイアウトを忠実に再現したDCIMシステムは、すべてのラックに供給可能な冷却能力を3次元グラフィックスで表示し、IT機器の追加がエアフローにおよぼす影響の有無や大きさを事前に検証。熱だまりによる障害の発生を回避できる。



(2)IT機器の電力制御による継続的な電力消費量の最適化

 最近は何台もの物理サーバのリソースを仮想化して、複数のシステムを仮想マシンで動かす企業が増えている。こうしたケースでは、各システムの業務処理量が少ないのに仮想サーバが異なる物理サーバに分散していると、結局はすべてのサーバに電力を供給しなければならないため効率が悪い。

 そうしたケースでDCIMシステムは、利用率の低い物理サーバを検出したうえで、その物理サーバ上で稼働している仮想マシンを数台の物理サーバに統合。稼働する仮想マシンがなくなった物理サーバに対するPDUからの給電を最小限に抑える仕組みを持っている。この仕組みを使えば、データセンターの規模が大きくなっても、電力消費量を将来にわたって最適化できるばかりでなく、既存のサーバリソースの一層の有効利用を推進できる。


ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]