編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リターンリバーサルが起こりやすい1月

ZDNet Japan Staff

2014-12-24 10:56

 日本が祭日であった間に、為替は一時1ドル120円台に入った。NYダウは上昇基調を保っている。これを受けて、今日の日経平均は堅調な値動きが予想される。楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト、窪田真之氏の分析を紹介する。

 さて、今日は、1月のアノマリーについて考えましょう。株式市場の過去の動きを検証すると、1月に繰り返し起こりやすい現象のあることがわかる。1月によく起こる現象を、「1月のアノマリー」と言う。

リターンリバーサルが起こりやすい1月

 1月は「リターンリバーサルが起こりやすい月」だ。「12月まで大きく上がっていた株が1月から急に下がる」「12月まで大きく下がっていた株が1月から急に上がる」ということが、過去によく見られていた。このように、相場つきががらりと変わることをリターンリバーサルと呼んでいる。さて、来年1月にリターンリバーサルは起こるだろうか?

 アノマリーと言われているものには、たまたま過去がそうだっただけで、今後も同じことが繰り返す理由が何もない場合もある。

 ただし、1月にリターンリバーサルが起こりやすいのは偶然ではない。それが起こりやすい理由がはっきりあるのだ。

(1)みんなが強気一辺倒ならば年内強く、年明けに下落

 多くの人は、今年やるべきことは今年中に済ませようとする。新しい年に向けて、準備すべきことは年内に準備しておこうとする。例えば、来年日本株が大きく上昇するというのが、コンセンサスになっていたとする。すると、多くの人は、年内に株を買ってしまおうと考える。「株を枕に越年で、よい初夢を」と考えるわけだ。

 ところが、ほとんどの人が年内に株を買ってしまうと、皮肉なことに年明けから株の買い手がいなくなる。そこで1月には、わずかな利益確定売りから相場が崩れやすくなる。

(2)みんなが弱気一色なら年内弱く、年明けに上昇

 弱気が蔓延していると、多くの人は年内に株を売ってしまおうと考える。株なんか持っていたら、安心して越年できないというわけだ。この場合は、年明けにはもう売り手がいなくなるので、上昇を始める。

(3)強気と弱気が混在している場合は、12月は方向感のない相場となり、1月にリターンリバーサルは起こらない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]