2014年のセキュリティ事件総まとめ--重大なハッキング、情報漏えいを振り返る - 4/15

Zack Whittaker (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-26 07:30

USBを悪用したセキュリティ侵害
 2014年、セキュリティ研究者は「BadUSB」と名付けられた攻撃方法で、キーボードや、USBメモリなどを始めとするあらゆるUSBデバイスを攻撃プラットフォームに変えることができると警告した。この仕組みは、最新のアンチマルウェアソフトでも検知することができない。この欠陥を利用すれば、コンピュータのBIOSに感染して書き換え、通常であれば信頼できるコンピュータでさえ(インターネットに接続されていないものも含めて)攻撃することが可能だ。

USBを悪用したセキュリティ侵害
 2014年、セキュリティ研究者は「BadUSB」と名付けられた攻撃方法で、キーボードや、USBメモリなどを始めとするあらゆるUSBデバイスを攻撃プラットフォームに変えることができると警告した。この仕組みは、最新のアンチマルウェアソフトでも検知することができない。この欠陥を利用すれば、コンピュータのBIOSに感染して書き換え、通常であれば信頼できるコンピュータでさえ(インターネットに接続されていないものも含めて)攻撃することが可能だ。

提供:CNET/CBS Interactive

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]