編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

テラデータ、「Hadoop」用アーカイブアプリケーション開発のRainStorを買収

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-26 09:48

 Teradataは、「Hadoop」上で動作するアーカイブアプリケーションを開発するRainStorを買収したと発表した。

 買収の金銭的な条件は非公表だが、Teradataによれば、この取引にはRainStorの知的財産、顧客、OEM関係、および従業員の大部分が含まれるという。

 Teradataは、RainStorは買収対象として魅力的だったとしている。これは、RainStorの技術によって、Teradataが提供するエンタープライズ向けHadoopサービスに、重要な機能を追加できるためだ。

 たとえば、RainStorはビッグデータに不可欠な極めて高い圧縮率を実現しており、これによって顧客はあまり追加コストをかけずに、データを長期間保持できるようになる。RainStorのデータ圧縮率は10倍から40倍で、gzipなどの既存の手法を大きく上回る。

 また、RainStorには、データをコピーできなくする特徴がある。Teradataは、この性質は保管されたデータが改ざんされたり、コピーされたりしないことを保証するもので、コンプライアンスとセキュリティの面で重要だと述べている。

 今回を含めて、Teradataは過去6カ月間に4つの買収を行っている。同社は7月にHadaptとRevelytixを買収して、両社のHadoop関連技術を研究開発部門であるTeradata Labsに取り込んでいる。

 また9月には、シリコンバレーに本拠を置く、主にHadoopを取り扱うコンサルティング企業Think Big Analyticsを買収し、米州を対象とする同社のビッグデータコンサルティング部門と統合した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]