編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

1週間あきらめるならお酒とモバイルのどっち?--進行するモバイル中毒

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-12-26 10:17

 お酒が好きな人は多い。だが、それでもモバイルでのウェブサーフィンとお酒、どちらを選ぶかとなると、モバイルを選ぶ人もたくさんいる。

 米国時間12月10日に経営コンサルティングのBoston Consulting Groupが発表した調査によると、回答者の58%が、1週間あきらめるなら、モバイルインターネット利用よりもアルコールを選ぶと答えた。同様にコーヒーや映画をあきらめるという回答者も50%近くにのぼった。

 この調査は、スマートフォンとタブレットを利用する約1000人の欧州のユーザーを対象としたもの。結果は、ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペインの5カ国に絞っている。この5カ国が欧州モバイルユーザーの大部分を占めるからだ。

 モバイルが一部の行動よりも選ばれたのはこれが初めてではない(おそらく、最後でもないだろう)。たとえば2011年に行われた調査では、アメリカ人の70%がモバイルのために飲酒を諦め、55%がコーヒーを諦めると回答している。iPhoneを失うなら靴がないほうを選ぶと回答した人は、なんと40%もいた。

 これらの調査は、モバイル端末に対する中毒に近い状況を示すものだ。公衆で下を向いてスマートフォンを利用している人もよくみかける。一時はノートPCが独占していたStarbucksでも、現在はスマートフォンやタブレットが優勢だ。

 モバイル端末中毒はかなり進行しており、モバイルのために1週間なしで済ませることができるものを尋ねた今回のBoston Consulting Groupの調査では、77%がファストフードよりモバイルを選んだ。また、車よりモバイルを選んだ人は22%、セックスよりモバイルを選んだ人は17%いた。そして、14%がモバイルを使えるのならなんでも諦めると回答したとのことだ。


提供:BCG

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]