編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HP、新社長に前SASの吉田氏

ZDNet Japan Staff

2015-01-05 15:24

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は1月5日、代表取締役社長執行役員として、前SAS Institute Japan社長の吉田仁志氏が1月1日付で就任したと発表した。企業運営全般を指揮すると同時に、日本におけるエンタープライズ事業の責任を担う。

吉田仁志氏
吉田仁志氏

 吉田氏は1983年に伊藤忠グループ事業会社に入社し、伊藤忠商事を経て同社グループの日米両地域における情報産業分野での業務拡大に従事した。1995年に米Cambridge Technology Partnersに入社し、1997年にはその日本法人であるケンブリッジ・テクノロジーパートナーズを開設し、社長に就いた。

 米Cambridge Technology Partners本社と米Novellが合併したことに伴い、2001年からノベルの社長と米Novellのシニアバイスプレジデントを兼任。2006年にはSAS Institute Japanの社長に就任した。2011年から2014年まで米SAS Instituteのバイスプレジデント、北アジア地域統括として、日本を含む韓国、中国、香港、台湾における事業責任者として経営に従事し、SAS Institute Japanの社長も兼務した。

 米タフツ大学でコンピュータサイエンスと音楽を専攻。後に米スタンフォード大学大学院でコンピュータサイエンス修士号、米ハーバード大学ビジネススクールで経営学修士号を取得した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]