編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

HOYAサービスとインターコム、製造業向けERP、EDIで協業

NO BUDGET

2015-01-08 10:41

 HOYAサービスとインターコムは1月7日、HOYAサービスが販売するERPパッケージ 「Microsoft Dynamics AX」と、インターコムが開発、販売するEDIパッケージ「Biware EDI Station」を連携させた製造業向けERP、EDIソフトウェアの提供を同日から開始すると発表した。


連携イメージ

 連携ソフトウェアでは、HOYAサービスが開発した専用アダプタを利用して、Dynamics AXとBiware EDI Stationのデータ連携を実現。この専用アダプタをインストールすることで、これまで必要だった個別プログラムなどの開発をすることなく、ERPとEDIの連携基盤を構築でき、従来と比べて両システムを導入する際のコスト削減や導入期間の短縮を実現できるという。

 また、Biware EDI Stationが担うEDIの通信機能は、新旧のさまざまな通信手順に対応しており、業種や業態を問わず幅広いEDI取引に利用できるようにした。日本の組立加工製造業の業務要件を反映して開発したHOYAサービスが提供する「Microsoft Dynamics AX 組立加工系生産管理テンプレート」も用意している。

 製番管理や生産計画の取り込みをはじめ、個別受注生産から見込生産まで幅広く対応でき、グローバル展開する中堅製造業の基幹業務をサポートする。EDIとAXの連携基盤により、双方フォーマットへのマッピング作業の効率化、さらにAX連携アダプタによる直接的なシステム連携を実現する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]