編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
三国大洋のスクラップブック

「USB Type-C」に肩入れするアップル--Thunderbolt、Lightningは「引退」か - (page 2)

三国大洋

2015-01-11 08:00

 AppleがiOS端末の端子をそれまでのUSBケーブル(30ピンのもの)からLightningに切り替えたのがつい2~3年前のこと(2012年秋に出たiPhone 5とiPad miniから)。広く流通していた汎用USBケーブルが使えなくなり、「割高な専用ケーブルやアダプタを買わなくてはならない」「Appleが認証していない、安いLightningケーブルはすぐ使えなくなる」などと、ちょっとした騒動になっていたのもまだそれほど昔のことではない。

 そんな経緯も踏まえてみると、Appleがすぐにまた新たな規格の端子やケーブルに切り替える、というのは少し考えにくい。Macだけならまだしも、iOS端末までというのはどうかという感じもする。

iPhone/iPadまで欲張るかどうかに注目

 その一方で、2014年3月には欧州連合(EU)の欧州議会で「モバイル端末用ケーブル/端子の一本化」を義務付ける法案が承認された。この義務化の目的は、端末買い換えの度にゴミになるケーブル類の削減とされており、発効は2017年から…。Appleに与えられた猶予期間はあと2年弱ということになる。

 「すでにLightning―Micro USBアダプタ(値段は19ユーロ)がEU限定で売られている」と、この件に触れたEE Timesのコラムにあるので、AppleがiOSまで欲張ってUSB Type-C採用に切り替えるかどうかは無論わからない。ただ「どうせ新しいものにするなら、より使い回しの効くものを」という判断があっても不思議はない。少なくとも、Lightning採用の際によくいわれていた大きさ(製品デザイン上の柔軟性)はType-C端子の場合はとくに問題にならなそうにも思える。

 Ars Technicaの下記の記事には、USB Type-CとLightning、Micro USBの端子を並べた写真(それぞれの大きさがわかる)やType-Cのピンの配列を示した図解もある(この図解をみると、どうして上下もしくは表裏を気にせずに挿せるのかがよくわかる)。この記事には「今回のCESでもさまざまな発表があったが、みんながいずれ使うようになるのはこのUSB 3.1 and Type-Cだけ」といった意味の見出しが付されている。

(敬称略)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]