編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本が休みの間の米国株の動き--NYダウも上値が重い

ZDNet Japan Staff

2015-01-13 11:22

 1月13日週の日経平均は、引き続き上値が重そうだ。

  1. 原油価格が下げ止まったかまだわからない → 逆オイルショックの不安が続く
  2. ギリシャ総選挙が1月25日に控えている → ギリシャがEU離脱に向かう不安が残る

 日経平均はこの水準は買い場と判断しているが、楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト、窪田真之氏は、すぐ底入れして上昇に向かうのは難しそうだと予想している。

日本が休みの間の米国株の動き:NYダウも上値が重い

 NYダウは9日発表の雇用統計が良好でも9日、12日とも下落した。引き続き、原油安が嫌気されている。

1月9日 :1万7737.37ドル(前日マイナス70.50ドル)

1月12日:1万7640.84ドル(同マイナス96.53ドル)

<NYダウ日足:2014年10月1日~2015年1月9日>


 米国でも原油下落のスピードが速すぎることのネガティブな面が意識され始めている。

  1. これから発表が始まる米企業の10~12月期決算で、増益率が前年比一桁台に落ち込みそうだ。エネルギー関連企業が大幅減益になることが響く。
  2. シェ-ルオイル採掘業者に破綻が出てきている。掘削業者向け融資が一部不良債権化しつつある。

 原油下落は、長期的には米景気および企業業績にプラス効果を及ぼすが、短期的には、下落スピードが速すぎるために、マイナス影響が顕在化する。NYダウも、目先は上値が重そうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]