オープンソースがけん引するソフトウェア定義ストレージ - (page 4)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2015年01月16日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

勝者と敗者

 どのテクノロジが、そしてどのベンダーがSDS戦争を制するのかを判断するのは現時点では時期尚早だ。しかし、Red Hatが大きくリードしているのは間違いない。

 2015年はオープンソース陣営とプロプライエタリなベンダー陣営が入り乱れて企業のSDS予算を奪い合う激しい戦いが繰り広げられる年になるだろう。調査会社のIDCは、2015年にはSDSがストレージ分野で急速に台頭すると予測しており、筆者もその点は疑う余地がないと考えている。こういった状況はデータ量が驚くほどのペースで増加していることによって生み出されている。IDCはクラウドとアナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティデータ収集の成長によって1日当たりおよそ25億Gバイトのペースでデータが増えていくと計算している。

 手短に言えば、ストレージは革命のまっただ中にあり、その中心がSDSというわけだ。IBMやDataCore Software、FalconStor Softwareといった多くのベンダーが自社のハードウェア用のSDSスタックを提供しているが、企業はハイエンドのストレージにコストをかけないようになってきている。つまり、企業はより安価なCOTSストレージに目を向けているはずであり、そのことによりオープンソースというアプローチにメリットがもたらされるだろう。

 インターネットの黎明期に有名になった最初のウェブブラウザを生み出したMarc Andreessen氏は2011年に、ソフトウェアがITの世界を浸食していると述べた。同氏の主張は正しく、2015年にはその浸食がストレージ分野にも及びつつあるのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]