編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IIJ、エクイニクスと連携でAzureを専用線で提供--マイクロソフト

NO BUDGET

2015-01-15 16:53

 日本マイクロソフトは1月15日、パブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」と顧客のデータセンターや社内システムを専用線でつなぐ、閉域網接続サービス「ExpressRoute」を同日から開始すると発表した。今後3年間に1200社のユーザー獲得を目標としている。

 このサービス基盤を日本マイクロソフトとともに提供するExpressRoute接続事業者は、IIJと、Equinixの日本法人であるエクイニクス・ジャパンの2社。

 IIJでは、導入時に必要な機器の設置や運用、管理なども一括して提供する「フルマネージドサービス型」を主に大規模企業向けに提供。一方のエクイニクスは、顧客がパートナー企業が持つサービスや接続回線を自由に選択し、自社で設計、運用する「フレキシブルサービス型」を主に中小規模事業者や大規模企業の事業部向けに提供する。

 それぞれの接続サービスの主な内容は以下の通り。

IIJとの閉域網接続サービス(フルマネージドサービス型)


(日本マイクロソフト提供)
  • 適したユーザー:大規模企業、導入時に必要な機器の設置や設定から運用管理まで全て任たい、利用通信量を気にせず使いたい
  • 利用可能帯域:10Mbps,100Mbps,200Mbps,500Mbps,1Gbps
  • 利用料金:月額固定・使い放題(送受信とも月額固定)
  • 設定作業:IIJもしくはIIJが連携する通信事業者やシステムインテグレーターが包括的なサービスを提供、顧客による設計・運用作業は不要

エクイニクスとの閉域網接続サービス(フレキシブルサービス型)


(日本マイクロソフト提供)
  • 適したユーザー:中小企業事業者や大規模企業の事業部、セキュリティ要件を満たしながら自由にサービスを選びたい、グローバル展開したい、利用する分だけを支払いたい
  • 利用可能帯域:200Mbps、500Mbps、1Gbps、10Gbps
  • 利用料金:定額―定量を超えた分は従量課金(受信:月額固定、送信:従量課金)
  • 設定作業:ユーザー自身で最適な通信事業者やシステムインテグレーターを選択、ユーザー自身もしくは通信事業者・システムインテグレーターが設計・運用

 さらに、両接続事業者のパートナー企業の通信事業者やシステムインテグレーター計34社(2015年1月15日現在)からサービスを提供するため、日本全国で閉域網回線を含めたIT資産の冗長化を図りたい企業の要望に応えることもできる。

 閉域網接続サービスを、フルマネージドサービス型とフレキシブルサービス型の2種類で提供するのは、国内で利用可能なグローバルなクラウドサービスとしてはAzureのExpressRouteが初めてという。なお、積水化学工業とマンパワーグループが、ExpressRouteの採用を表明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]