スイスフランが歴史的急騰--日本の企業業績は今期来期と増益が続く見込み

ZDNet Japan Staff 2015年01月16日 11時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月15日の日経平均は312円高の1万7108円だった。楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト、窪田真之氏は、日本の景気・企業業績はこれから回復が徐々に鮮明になっていくと見ており、日経平均で1万7000円前後は買い場と判断しているという。

 ただし、1月16日の日経平均は下げて始まりそうという。スイスフランの歴史的な急騰に引きずられ、海外で円高が進んだからだ。為替は、日本時間1月16日午前6時現在、1ドル116.42円、CME日経平均先物(円建て)は、1万6805円に下がっている。

スイスフランが対ユーロで歴史的な急騰

 スイス国立銀行(中央銀行)は15日、スイスフランが対ユーロで上昇することを防ぐために設定していた上限(1ユーロ=1.20スイスフラン)を撤廃すると発表した。これまでは、上限を超えてスイスフランが高くなることを防ぐために、無制限の為替介入をすると宣言していたが、ついに為替介入を放棄して、「為替を自然体に任せる」ことにしたわけだ。

 これを受けて、為替市場でスイスフランが急騰した。対ユーロで一時30%高の1ユーロ=0.92スイスフランをつけた。1日で主要通貨が30%も変動するのは、きわめて珍しいことだ。

 スイスフランの急騰を見て、ドル円為替レートも円高に動いた。日本円とスイスフランと、今はもう存在しない西ドイツマルクは、同じ方向に動く傾向が強い通貨だった。信用が高い通貨であるスイスフランが買われたことから、同じように信用が高い通貨である日本円も同時に買われたことになる。

日本の企業業績は増益が続く見込み

 株は、短期的には需給や材料で動く。ただし、長期的にはファンダメンタル(景気・企業業績)で動く。日経平均は年初から急落したが、まだ上昇トレンドは崩れていないと考えられる。

日経平均週足:2013年1月~2015年1月15日


 楽天証券経済研究所では、全産業(除く金融)ベース経常利益(東証一部上場、3月決算企業)が、今期(2015年3月期)+9%、来期(2016年3月期)+11%増益すると予想しているという。日本は、トリプルメリット(円安・原油安・米景気好調)の追い風を受けて企業業績が続くと見ているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算