編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

米ロジテック、「Harmony」のAPIを公開--スマートホームへの移行を支援

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)

2015-01-16 12:01

 先ごろ開催された2015 International CESでは、コネクテッドホームへの移行を加速させる動きがもてはやされたが、そうした中で米Logitechは、スマートなリビングルームとエンターテインメントのつながりを一段と強化する新しいAPIを公開した。

 このAPIによって開発者は「Logitech Harmony」に直接アクセスできるようになる。Harmonyは、ネットワークでつながれた照明、ロック、サーモスタット、センサ、テレビなどのデジタル制御を通じて、パーソナライズされたスマートなホームエンターテインメントおよびオートメーション体験を可能にするプラットフォームだ。

 このAPIを利用すると、「Watch a Movie」(映画を見る)と声に出すだけでデバイスを操作できるなど、音声、ジェスチャー、モーションコントロールによって、接続されたテレビ、メディアプレーヤー、サウンドシステムなどを起動できるとのことで、消費者から見るとそちらのほうが興味深いかもしれない。

 ただし、スマートフォンやタブレットにこうしたコマンドをすべて集約する動きが見られるにもかかわらず、Harmony APIの機能は、デジタルリモコン、スマートキーボード、セットトップボックスなど、Logitechのワイヤレス製品スイートHarmonyに拘束される。

 とはいえ、LogitechはすでにHarmonyプラットフォームとAPIを結び付けて、Nest、Honeywell、Sonos、SmartThingsなどが開発した27万台以上のコネクテッドデバイスをサポートするようにしたという。

 Logitech Harmony向けスマートホームプラットフォーム担当の責任者を務めるMark Spates氏は、米国時間1月14日に公開した発表文の中で、エンターテインメントこそ、コネクテッドホームの導入を加速させる大きな原動力になると強調した。

 Spates氏は次のように述べている。「われわれは、当社のプラットフォームを開発者に開放することで、リビングルームを含む完全なスマートホーム体験を生み出せるようにする。開発者が作り出すエンターテインメントの構成要素は、消費者がHarmonyから期待するようになったのと同様に、非の打ちどころのない体験をもたらすことがわかっているからだ」

 Harmony APIは、Logitechの開発者向けオンラインポータルで入手できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]