編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

レッドハット、日本市場で「OpenStack」を提供開始

NO BUDGET

2015-01-19 17:55

 レッドハットは1月19日、11社のテクノロジパートナーと協業して、日本の顧客に対しOpenStackのシステムを提供すると発表した。2014年5月発表のOpenStackアライアンスパートナーからの支援サービスに加え、新たにテクノロジパートナーからのレファレンスアーキテクチャが加わったものになるとのこと。

 2013年に「Red Hat OpenStack Cloud Infrastructure Partner Network」を発表してから、1000以上のハードウェアやソフトウェアが認定され、商用OpenStackとして「Red Hat Certifiedカタログ」に登録されている。今回、レファレンスアーキテクチャの提供を開始するテクノロジパートナーは以下の通り。

  • 6WIND
  • A10ネットワークス
  • Cloudera
  • F5ネットワークスジャパン
  • エンタープライズDB
  • ジュニパーネットワークス
  • ニュアージュ・ネットワークス
  • ネットアップ
  • ブロケード コミュニケーションズ システムズ
  • ホートンワークス・ジャパン
  • ミドクラジャパン

 これらのベストプラクティスは、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform上でのクラウド環境構築に関する支援サービスに加え、日本におけるハードウェア、ソフトウェアパートナーの認定ソリューションが含まれる。

 Red Hat Enterprise Linux OpenStack PlatformのアライアンスパートナーとレッドハットによるOpenStack支援サービスに加えて、レッドハットの認定ソリューションのカタログとレファレンスアーキテクチャを活用することで、顧客はOpenStackの検討と導入を迅速に、また低コストで実施できるようになるとのこと。

 なお、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformのソフトウェアサブスクリプションと支援サービスは、レッドハットと以下のアライアンスパートナーから提供される。

  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • サイオステクノロジー
  • シスコシステムズ
  • 新日鉄住金ソリューションズ
  • TIS
  • デル
  • 日商エレクトロニクス(2015年1月追加)
  • 日本IBM
  • NEC
  • 日本HP
  • ネットワンシステムズ
  • 日立製作所
  • 富士通
  • ユニアデックス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]