編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デル、データ保護製品スイート--暗号化やマルウェア検知などで構成

NO BUDGET

2015-01-23 13:26

 デルは1月22日、データ保護製品スイート「デル データプロテクション(Dell Data Protection:DDP)」を発表した。同スイートは「デル データプロテクション セキュリティツール(DDP Security Tools:DDP|ST)」「デル データプロテクション プロテクテッドワークスペース(DDP Protected Workspace:DDP|PW)」「デル データプロテクション エンクリプション(DDP Encryption:DDP|E)」で構成される。

 DDP|STはエンドユーザーを認証するソフトウェア。デル独自のControlVaultセキュリティチップでさまざまな認証データを独立したセキュリティチップ内で保護し、承認されたエンドユーザーだけにデータアクセスを許可する。

 DDP|PWはマルウェアを検知、防御する。日常的な標的型攻撃の脅威からエンドユーザーとデータをプロアクティブに保護するという。DDP|Eはデータを暗号化するソフトウェア。以下の8つのエディションがある。

  • Enterprise Edition:データ中心型暗号化。WindowsやMacのため中央で管理されたPCのデータを中心とする暗号化(外部メディアエディションを含む)
  • Personal Edition:データ中心型暗号化。ソフトウェアをローカルで管理(External Media Editionを含む)
  • External Media Edition:外付メディアデバイスを暗号化。暗号化ポリシーの設定、または全ポートを一括で無効化する
  • BitLocker Manager:包括的な保護、監査、コンプライアンスを可能にするMicrosoft BitLockerの管理を簡略化
  • 自己暗号化HDDサポート:自己暗号化HDDの中央管理とサポートを完全に統合(Windows 7のみ対応)
  • ハードウェア・アクセラレーター:大量のデータを暗号化も安心のFIPS 140-2, レベル3認定(Windows 7のみ対応)
  • Mobile Edition:モバイルデバイス(Android、iOS)の暗号化と管理機能
  • Cloud Edition:エンドユーザーファイルをパブリッククラウド内で暗号化し、キー、アクセス権のあるユーザーのコントロールをユーザーが保管

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]