編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

マイクロソフト、統計解析言語Rの商業ベンダーRevolution Analyticsを買収

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-01-26 10:52

 MicrosoftがR言語のソフトウェアとサービスを提供するRevoluton Analyticsを買収したことを発表した。R言語は統計的計算や予測分析向けのプログラミング言語。買収金額は公開されていない。

 MicrosoftがRevolution Analytics買収を発表したのは1月23日。同社は会計年度2015年第2四半期の決算報告を26日に予定しており、その数日前の買収発表となった。

 Revolution AnalyticsはR言語ベースの分析ソリューションの開発と実装のための「エンタープライズ級のプラットフォーム」を提供するベンダーで、買収を発表したMicrosoftのブログによると、大規模なデータウェアハウスやHadoopシステムなどとも連携し、業務システムとの統合も可能という。Revolutionの「Revolution R」は、銀行、金融サービス、製薬企業、コンサルティング、製造、技術企業などで利用されている。

 Revolution Analyticsは、「ParallelR」「RHadoop」などオープンソースのR言語プロジェクト開発にも貢献している。Microsoftは今後も、Mac、LinuxなどさまざまなOS上でのオープンソースと商用のRevolution Rのサポートと開発を継続すると同社は述べている。

 2013年、Revolution AnalyticsはHortonworksとHadoopで提携しており、RevolutionはHadoopとのデータのインポート/エクスポートを回避すべく、“Hadoop内”で実行できる予測分析技術を開発している。

 Revolution Analyticsの開発チームが同日発表したブログによると、同社は無料のR Open Projectのサポートを継続し、サブスクリプションサービス「Revolution R Plus」の技術サポートも引き続き提供する計画だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]